Wi-Fi6とは?規格の特徴とスペック解説

無線LAN・ネットワーク機器

急にWi-Fiがナンバリングされて「あれ?前のWi-Fiって5だったの?」みたいな話が出そうなこの頃。これは、わかりにくかったWi-Fiに名前のルールを決めて「第6世代のWi-Fi規格」ですよ、というのを表したそうです。今回は新しく登場したWi-Fiの性能や特徴、前規格に比べてどうなったのか、新商品は対応しているのかまとめてご紹介します。

Wi-Fi6とは?

第6世代のWi-Fi規格で、通信速度、同時接続台数、消費電力においてWi-Fi5と比較して向上しています。名称は「11ax」です。

基本スペック

  • 使用電波帯:2.4GHz帯/5GHz帯
  • 最大通信速度(理論値):9.6Gbps
  • 最大実効スループット:1Gbps~?
  • 最大同時接続数:MU-MIMO使用時で8台

旧規格との比較

規格Wi-Fi4
(IEEE 802.11n)
Wi-Fi5
(IEEE 802.11ac)
Wi-Fi6
(IEEE 802.11ax)
電波帯域2.4GHz2.4GHz/5.0GHz2.4GHz/5.0GHz
通信速度600Mbps6.93Gbps9.6Gbps
実行スループット上限値150Mbps800Mbps1Gbps~
同時接続台数4台8台

通信速度

1つ前の世代よりも約1.4倍速くなりました。最近はDAZNやAmazonプライムなどの動画ストリーミングサービスが流行っていたり、何かと大容量通信を使用しますので、速いに越したことはありません。11acで十分速いと感じていたのにさらに速くなるとは驚きですね。

同時接続台数

同時接続台数は6台から8台に増えました。

前から複数台繋ぐ設定はできていたぞ?

少しややこしいのですが、2世代前の無線LANルーターは、接続設定を複数台行うことはできましたが通信は1台ずつだったんですね。今回のお話は同時接続台数です。容易に想像できると思うのですが、「同時に通信を処理できる」それだけでかなり速くなりそうですね。

消費電力

Target Wake Time(TWT)によってスケジューリングが向上し、デバイスのバッテリ寿命が長くなります

https://www.cisco.com/c/ja_jp/products/wireless/what-is-wi-fi-6.html

要するに接続しているスマートフォンの電池が長持ちします。正直よくわかりません。

なんでも通信するタイミングをうまく調整することで、最小限のエネルギーで通信できるようになるそうです。すごい。

買い替えの必要はあるか?

最近無線LANルーターを購入した人

1年以内に無線LANルーターを購入した人は買い替えの必要はありません。大切に使ってあげて下さい。もし、ゲーミングPCを使ってゲームをやり込んでいる人は、通信速度が上がりますので買い替えを検討しても良いかと思います。

5年以上使っている人

買い替え検討の余地ありです。なぜなら、無線LANルーターの買い替えタイミングは約5年と言われています。これは、ルーターの寿命が5年くらいであり、速度低下や接続不良が増えてくるということと、性能的に2世代分くらいの差があるためです。

「なんだか最近繋がりが悪いな」と感じているのであれば買い替えましょう。

Wi-Fi6対応スマートフォン

  • Galaxy Note 10
  • Galaxy S10
  • Galaxy S10+
  • iPhone 11
  • iPhone 11/Pro
  • iPhone 11/Pro Max

Wi-Fi6対応無線LANルーター

Wi-Fi6のまとめ

スマートフォンでは5Gが盛り上がっていたり、最近は通信速度にフォーカスされた新製品が結構出ています。Wi-Fi6も盛り上がってきつつありますが、メッシュWi-Fiルーターも人気です。

今後はメッシュ+Wi-Fi6対応の機種も必ず出てきますので乞うご期待。

ご自宅でゲームをされる方、家族の人数が多い方、などはこの記事を参考にWi-Fi6をご検討いただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました