ロジクールG300Srをレビュー!

マウス

G300sとの違い

表面に印字されているロゴ以外一緒です。完全に同一の性能ですので使い勝手は何も変わりません。もしG300Sが安く販売されているのを見つけたら迷わず購入しましょう。

G300Srの特徴

ガジェ猫店員
ガジェ猫店員

早速G300Srの仕様などをまとめた特徴をご紹介!

G300Srの仕様

定価3,300円
最大DPI2,500
レポートレート1ms
重量109g
耐久性メインボタン: 1,000万回クリック
PTFEフィート:250km
物理的仕様縦:115mm
横:72mm
高さ:37mm
重量:82g(マウスのみ)
ケーブル長:2.10m
トラッキング解像度 : 200~2,500DPI
ゼロスムージング/アクセラレーション/フィルタリング
最大加速:20G2ロジクールG240ゲーミング マウスパッド上でのテストによる
最大スピード:150IPS
感応度USBデータフォーマット:16ビット/軸
USBレポートレート:1000 Hz (1ms)
マイクロプロセッサ:32ビットARM
機能オンボード メモリ:プロファイル3個
調整可能な7つのカラーゾーン
非編組ケーブル
梱包内容G300sゲーミング マウス
取扱説明書、保証規定、保証書
2年間無償保証
必要システムWindows® 7以降
macOS® 10.11以降
Chrome OSTM
USBポート
(任意)インターネット接続環境(Logicoolゲーム ソフトウェアのダウンロード時に必要)
保証期間2年間無償保証

G300Srの機能

9個のプログラマブル コントロール

G300Srに搭載されている9つのボタンをカスタマイズして、マクロや好きな機能を割り当てることができます。このG300Srの最大のポイントでもあります。よくある設定例ですと、コピー、ペースト、コントロールキー、エンターキー、バック、フォワードを設定する人が多いです。

私の愛用するG300Srのボタン設定は以下となります。

握りやすい左右対称形

最近のマウスは親指部分が大きく凹んでいたりする左右非対称のタイプが非常に多いのですが、このG300Srは左右対称のマウスです。どちらが良いかは好みによるところが大きいのですが、もしあなたが左利きの場合でも、左右対称のため使用することができます。

プログラム可能なライト

7色のカラーから選ぶことができ、好きな色で光らせることができます。元々ゲーミングマウスとして販売されているため、LEDでの発光機能が付いているのですが、私の周りではLED発行は不要という意見が多いですね。ちなみに私はLEDで光らせるのが大好物なので今はブルーに設定しております。

DPIのクイック切り換え

ボタンのクリック一つでマウスカーソルの移動速度を変更することができます。
私の場合はあまり使う機会が無いのですが、使用するアプリケーションによってマウスの移動速度を変更したい人には便利な機能です。よくあるのがゲームで使用する際に、使う武器によって移動速度を変更するケースです。FPSではマシンガンとスナイパーに切り替える際に使用したりします。

仕事で使う場面では、基本的にマウスカーソルの移動速度を変更してしまうと、感覚にズレが生じて逆に使いづらいと思いますのでDPI切り替え機能はあまり使わないかもしれません。

1MSのレポートレート

パソコンとマウスの間の通信速度のことです。通常販売されているマウスの約8倍高速に通信することができます。もっとわかりやすく言うとマウスを素早く動かしてもしっかり操作できるということです。これは結構重要なことで、今までマウスを使っていた際に、思っていたよりもカーソルが行き過ぎたりしたことはありませんか?原因は様々ですが、そういった思いも寄らない動きを軽減してくれる機能です。

高耐久のデザイン

G300Srの耐久テストでは、1000万回のクリックと250kmの距離を使用してテストを行なったようで、この試験に合格したそうです。

元々ゲーミングで使用することを想定されたマウスなので、耐久性は大事なポイントですが、この耐久があるのであれば業務用として仕事で使っても差し支えが無いワケです。

滑らかなマウスフィート

G300Srの裏面に貼り付けてあるシートはポリテトラフルオロエチレンという素材でできたシートで、どのような表面の上でマウスを走らせても滑らかに動かすことができるそう。

ポリテトラフルオロエチレン-Wikipedia

マウス操作を向上するためにはマウスパッドが必要不可欠なのですが、G300Srはマウスパッドがなくても十分に正確・スムーズに動かせます。

使いやすい設定ソフトウェア-G HUB

ロジクールから公式に公開されている設定ソフトウェアに「G HUB」というアプリケーションがあります。

設定がとても簡単に行うことができ、マウスボタンのカスタマイズをドラック&ドロップで指定して設定することができます。

有名どころのゲームだと、自動的にゲームを認識して設定を読み込んでくれる機能もグッド。

G HUBをダウンロードする

オンボード メモリにプロファイルを保存

このマウスのおすすめポイントでもあるオンボードメモリとは、G300Srの中にメモリが入っており、ボタンのカスタム設定などを保存することができます。通常、専用ソフトウェアで設定したマウスのボタン設定は、別のPCに繋ぎ直すと設定が消えてしまいます。対して、オンボードメモリに保存した設定は、G300Sr本体に保存されているため、別のPCに繋ぎ直しても設定を維持したまま使うことができます。

素晴らしいとは思いませんか?

使用するケースとしては、会社のセキュリティ的にソフトウェアのインストールが禁止されている場合などに有効です。自宅でオンボードメモリに設定を保存した状態で、会社のPCに接続することで、カスタマイズしたボタン設定を会社で使うことができます。

G300Srの設定

G300Srは仕事で使えるか?

私はとても多用しておりまして、会社用と自宅用の2台を購入して使用しています。もうG300Srがないとパソコンを触るもの面倒なくらい依存してしまっています。

長年同じマウスを好きな設定で使用していると、もう別のマウスを使ってPCを操作することが不可能なほど使いづらくなります。ショートカットボタンがないなど考えられません。

G300Srのレビューまとめ

名実ともに名機と呼ばれるG300Sr。G300シリーズが発売されてからずっと細かなアップデートを重ねてきたように、衰えない人気があります。「そこそこ安くて使いやすい便利なマウスを探しているんですけど」とお客さんに言われたら必ず試しにお勧めする製品です。

普段ゲームをしない方も、是非この記事を読んでG300Srを手にしてみてください。

ロジクール G300Sr 公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました