NURO光が遅いのはなぜ?複数ルーターで超遅くなってた話

無線LAN・ネットワーク機器

賃貸マンションに入居している会社の同僚がNURO光を契約。「ネットを速くしたいから付属のルーターじゃなくて高性能ルーターが欲しい」と言いTP-LINKのArcher C9を購入。

すごい遅いんだけどなんで?

物語はここから始まる。

契約プランはNURO光の2G

今回同僚が契約していたプランは通信速度が2Gのプラン。私が契約しているプランと同じである。私の家ではダウンロード平均約480Mbps出ていて満足行く速度が出ているので、同僚が遅いと言っているのも何か勘違いしているか、根本的に設定を間違えているんだろうなと考えていた。

調査開始

まずは実際の速度を確認する。

Google検索で「ネット 速度」と検索すると、検索結果に速度を調べるための機能が出現する。詳しい方々には「精度が悪い」だの「そんなの使わねーから」と言われそうだが、私は手頃なこの機能が好きだ。

上記のツールで調べると、同僚のネットの速度はダウンロードが32Mbpsだった。

た、確かに遅いよねー

私は面倒なことが死ぬほど嫌いなので内心動揺しまくりだった。

これ、マジで調べんとあかんやん

大抵の原因はルーター

「ネットが遅い」とか「ネットが繋がらねー」という状態は、過去の経験上ルーターが一番悪くて、次にパソコンの設定が悪いことが多い。

なので今回も例に漏れずルーターから調べる。

ルーターの管理画面の確認

「192.168.1.1」とブラウザのURL部分に入力してエンターを叩くとルーターのログイン画面にアクセス出来る。※設定によっては表示されないこともある

NURO光の契約とともに1台のルーターが付属されるのだが、この付属ルーターの管理画面を見ても特におかしい様子は無かった。

次にTP-LINKの設定を見てみる。最近のルーターはiPhoneなどのスマホから、アプリで設定ができるためとても便利だ。

基本設定のところを見ていると動作モードがルーターモードになっている。

これだ。

原因はルーティング機能

ルーターを複数台数珠つなぎで接続すると劇的に遅くなる。今回、NURO光にも関わらずネット速度が異常に遅かった原因がこれだ。

ただ、よく勘違いしがちなのが「ルーティング機能をオンのまま数珠つなぎした場合」に遅くなるということだ。

どういうことかというと…

複数のルーターを繋ぐ注意点

ルーターにはルーティング機能が付いている。これは簡単に言えば、「複数の端末をネットに繋ぐときにうまく通信を振り分けますよ」という機能のこと。

この機能がオンになったまま複数台のルーターを繋ぐと、無駄に振り分けが起こり、処理が遅くなって結果的にネット速度が遅くなる。

複数台繋ぐ場合は、1台目をルーティング機能オンに、2台目以降を「ブリッジモード」にして繋ぐことでネット速度を落とさずに複数台のルーターを繋ぐことができる。必ず確認しよう。

まとめ

複数台のルーターを繋ぐときは

2台目以降をブリッジモードで

これを覚えておけば無駄なストレスを受けることなくネットを楽しめるはずだ。他にも色々な原因があるが、今回の同僚のケースはよくあると思う。気をつけよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました